“日本人でも借りれる” タイの不動産ローン

タイのほとんどの銀行では、不動産のローンはタイ人のみを対象としていますが、中には外国人(日本人)でもローンを組める銀行もあります。Kingfisherでは外国人を対象とした不動産ローンのご紹介を始め、審査に通りやすい条件やコツをお教えしながら、ローンの申請から最終的に物件の登記時まで(銀行側で小切手を作成し、土地局に持ってくる最後のプロセスまで)徹底サポートしています。「タイではローンは組めない」とコンドミニアム投資をあきらる前に、また投資額を下げて望まない物件で妥協する前にぜひご相談下さい。

不動産ローン対象者

◼︎タイの会社に勤めている方

ローン申請条件

大前提として下記の条件が必須になります。
◼︎タイの会社に1年以上勤めている事、日本での勤務期間も合算可能
◼︎安定した給与が毎月振り込まれている事

不動産ローン サポート手数料

物件売買額の1%を不動産ローン代行の手数料とさせていただいております。
手数料のお支払いは、2回に分かれます。

①申し込み前に5,000Bの前金
②ローンが降りた際に売買額の1%-5,000Bのお支払い (①②合計で売買額の1%となります)
✴︎審査基準に合うかあらかじめ、弊社でもチェックいたしますが、もし万が一、ローン審査に通らなかった際は②の手数料はお支払いいただく必要はありません

Eメール:kingfisher1web@gmail.com

number